Category Archives: Past Exhibitions

また会える場所 Saki Jono

10999104_633695293425570_2051836942630271236_n-624x421

 

 

 

 

 

2015年3月16日(月)〜21日(土/祝) 12:00〜19:00 (最終日は17:00まで)

今回は新進気鋭の若手作家 城野紗貴 の初個展「また会える場所」を開催いたします。

城野は筑波大学及び大学院にて洋画を学びながら、在学中より様々な公募展に入賞しました。
今春からは、故郷佐賀県にて本格的に画家としての活動を始める、エネルギーに満ちた若手作家です。

何気ない日常生活の一瞬を切り口に、
既成概念にとらわれない柔軟な発想で様々な仕掛けを用いながら、鑑賞者を自由な空想や物語の世界へとそっと誘います。

確かな画力と絶妙なバランス感覚で自らのオリジナリティを確立しつつも、
まだまだ沢山の可能性を秘めている作家、城野紗貴の作品を是非ご高覧ください。

 


山下悦子展 

3月23日(月)から29日(日)までは山下悦子展を開催いたします。

会期:2015年3月23日(月)〜29日(日)12:00−18:00(最終日17:00まで)

期間中作家は在廊しております。 時間外にお越しの際はご一報下さい。

山下悦子さんが私のアトリエに来られて10年になります。以前から内外の山々を歩かれ、風景を作品として描かれて来られました。この度、傘寿の祝いの個展を開かれるとのこと。 力強い作品が揃いました。皆様のご高覧をお待ちしております。

鬼頭正人

山下悦子先生は白百合学園小学校で42年間教鞭をとられました。退職後、画家鬼頭正人に師事し、趣味の山登りで出会った風景をご自分のその時々の心象風景として描かれました。この度は山下先生の傘寿のお祝いとして個展を開催いたします。この機会に先生の辿られた山岳風景をご覧いただければ幸いです。

アートギャラリー石 柴田稚子

 

ぺぺぺのまち

show

広がる空 とけた匂い
風も色もかわってきたね。
足音がききたい 春とあなたの。
近くがいい 駅と笑顔。

よえれば会いに来てください。
はじめまして、ぺぺぺです。

東京芸術大学デザイン科有志7人によるグループ展です。
「ぺぺぺ」とはフランス語PAIX(平和)という意味の言葉を繰り返しています。

メンバー全員が平和であることを願って名付けられました。

メンバー:  きんばら粉 重野 里奈 つかだ かえで フジタ ニコ 二見泉 ふわた モリメイコ

PAIXPAIXPAIX  1st group exhibition “City”

会期: 3/8 -14, 2015  11:00-19:00 (最終日18:00まで)

 


チーム10 グループ展

チーム10のグループ展が始まりました。

連日、盛況で、人々のアートとしての写真への関心の深さを感じます。

展覧会ではチーム10を指導された築地先生のメッセージを頂いています。

八日、土曜日までの展覧会ですが、この機会をお見逃しなく!

以下、築地先生のメッセージです。

この「チーム10」のグループ展は、2回目をむかえ、メンバーは京都造形芸術大学写真コースの5人、REIKO、中川幹夫、大丸宣昭、三浦良枝、西方忠男で構成されています。これまで、写真の表現と技法をつかい、自分の知情意(知性、感情、意志)を大切にし、写真的な創作力を極めようとしてきました。
参加メンバーが持つ、それぞれのナイーブな視点と野心が想像力の基となり、答えを直観して、問題を出すという写真的な方法論を実践してきました。ここに並べられた作品は、制作活動の進化と成果をしめすものであります。それと同時に、作品を撮り、つくり、見せ、考える過程で、自分の作品を世界に問うことと、その意味を発見する試みでもあります。

メンバー各自の作品の傾向を手短にのべてみると、REIKOは、都市と人間をモチーフに、現実にある姿と形を光のドットと光跡に還元し、私の意識と写真をクロスオーバーさせ、 現在とは何かをとらえようとしています。中川幹夫は、写真独自なコンセプチャルな視点で、来る日も来る日も、終日、同じ場所に座っているおじさんを観察し、生きることの意味を発見しようとしています。大丸宣昭は、最先端のIT技術で、都市風景を独自の解釈で再構成し、私の創意を見つけ出し、現実とイメージの差異をクローズアップして仕上げています。三浦良枝は、能舞台に上に繰り広げられる、役者の時と場の流れを、独自な写真的視点でさぐり、現在の能の知られていなかった側面を見つけ出そうしています。西方忠男は、自宅の解体と新築のプロセツの中で、モノとカタチの造形美のディテールを発見し、私が家をつくる意味と意識をサーベイしています。
5人5様の新しい創意と生き生きとした想像力を見ていただき、ご批評、ご批判の言葉をかけていただけたら幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

築地 仁(つきじ・ひとし)
写真家

 

 


 

コシュマイダー展  ー マークロスコへのオマージュ ー

プレビュー。要電話予約。2014年10月27日(月)〜10月31日(金)
13:00 ー 17:00

開催日2014年12月22日(月)〜12月26日(金)13:00ー19:00

この度、アートギャラリー石ではインド在住のドイツ人作家の日本初個展を開催致します。

今回はコシュマイダーの作品の中でもマークロスコのアトリエに行った時の印象をモチーフにした連作を展覧致します。

是非この機会にコシュマイダーの作品をご鑑賞下さい。

 

 


 

4 styles @ 女子美 ’83

2014年10月13日(月) – 18日(土)
AM 11:00 ~ PM 19:00 (最終日は ~17:00)
13日(月) 17:00 ~ 19:00 オープニングパーティ

女子美術大学&短期大学を同じ年に
入学した4人が縁あって出会い
初めて行うグループ展です。
学生時代 それぞれ学んだことが
長い時間をかけて 女子美でもらった栄養で
4人それぞれのライフスタイルで
それぞれのペースで
見事に花を咲かせています。
是非ご高覧下さい。

作家
人形 木村葉子
刺繍 田中京子
七宝 近持こづえ
織  浅井祥子

 

 


 

チーム10グループ展 Vol.2

チーム10は、京都造形芸術大学写真コース(通信教育部)で出会った、年齢、職業、写真経験など、さまざまなバックグラウンドをもった社会人のグループです。

2010年結成から5年目となり、今回のアートギャラリー石での展覧会で二回目の展覧となります。
創作活動と同時に写真家としての視点も養いたく、写真家・築地仁に指導を仰いでいます。

作品は、制作活動の進化と成果をしめすものです。それと同時に、作品を撮り、つくり、見せ、考える過程で、自分の作品を世界に問い、その意味を発見する試みでもあります。

作家と作品

REIKOは、都市と人間をモチーフに、現実にある姿と形を光のドットと光跡に還元し、私の意識と写真をクロスオーバーさせ、 現在とは何かをとらえようとしています。
REIKO

 

 

 

 

 

中川幹夫は、写真独自なコンセプチャルな視点で、来る日も来る日も、終日、同じ場所に座っているおじさんを観察し、生きることの意味を発見しようとしています。
R0011989small_web

 

 

 

 

 

大丸宣昭は、最先端のIT技術で、都市風景を独自の解釈で再構成し、私の諸行無常を見つけ出し、現実とイメージの差異をクローズアップし、コラージュに仕上げていきます。
_MG_8593_b_web

三浦良枝は、能舞台に上に繰り広げられる、役者の時と場の流れを、独自な写真的視点でさぐり、現在の能の知られていなかった側面を見つけ出そうしています。

 

IMG_0386_web

西方忠男は、自宅の解体と新築のプロセスの中で、モノとカタチの造形美のディテールを発見し、私が家をつくる意味と意識をサーベイしています。
P6302437_01_web