チーム10グループ展 Vol.2


DM_24_W100_H148_plus3

2014年11月2日(日) ~ 11月8日(土) 12:00 ~ 19:00  会期中無休
*11 月 6 日(木) および11 月 7 日(金) は 20:00まで、最終日は 17:00 まで

チーム10のグループ展は、2回目をむかえ、メンバーは京都造形大学写真コース5人、REIKO、中川幹夫、大丸宣昭、三浦良枝、西方忠男で構成されています。5人5様の新しい創意と生き生きとした想像力をご覧ください。


News

チーム10 グループ展

チーム10のグループ展が始まりました。

連日、盛況で、人々のアートとしての写真への関心の深さを感じます。

展覧会ではチーム10を指導された築地先生のメッセージを頂いています。

八日、土曜日までの展覧会ですが、この機会をお見逃しなく!

以下、築地先生のメッセージです。

この「チーム10」のグループ展は、2回目をむかえ、メンバーは京都造形芸術大学写真コースの5人、REIKO、中川幹夫、大丸宣昭、三浦良枝、西方忠男で構成されています。これまで、写真の表現と技法をつかい、自分の知情意(知性、感情、意志)を大切にし、写真的な創作力を極めようとしてきました。
参加メンバーが持つ、それぞれのナイーブな視点と野心が想像力の基となり、答えを直観して、問題を出すという写真的な方法論を実践してきました。ここに並べられた作品は、制作活動の進化と成果をしめすものであります。それと同時に、作品を撮り、つくり、見せ、考える過程で、自分の作品を世界に問うことと、その意味を発見する試みでもあります。
メンバー各自の作品の傾向を手短にのべてみると、REIKOは、都市と人間をモチーフに、現実にある姿と形を光のドットと光跡に還元し、私の意識と写真をクロスオーバーさせ、 現在とは何かをとらえようとしています。中川幹夫は、写真独自なコンセプチャルな視点で、来る日も来る日も、終日、同じ場所に座っているおじさんを観察し、生きることの意味を発見しようとしています。大丸宣昭は、最先端のIT技術で、都市風景を独自の解釈で再構成し、私の創意を見つけ出し、現実とイメージの差異をクローズアップして仕上げています。三浦良枝は、能舞台に上に繰り広げられる、役者の時と場の流れを、独自な写真的視点でさぐり、現在の能の知られていなかった側面を見つけ出そうしています。西方忠男は、自宅の解体と新築のプロセツの中で、モノとカタチの造形美のディテールを発見し、私が家をつくる意味と意識をサーベイしています。
5人5様の新しい創意と生き生きとした想像力を見ていただき、ご批評、ご批判の言葉をかけていただけたら幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

築地 仁(つきじ・ひとし)
写真家


Hello my world! ー 塚越 祥香 個展 ー

塚越 祥香 初の個展です。

会期/2014年10月20日(月) 〜 10月25日(土)
AM 12:00 ~ PM 19:00 (土曜日 ~17:00)


4 styles @ 女子美 ’83

4 styles @ 女子美 ’83が始まります!

2014年10月13日(月) – 18日(土)
AM11:00 ~ PM19:00 (最終日は~17:00)
*13日(月)17:00 ~ 19:00 オープニングパーティ

作家
人形 木村葉子
刺繍 田中京子
七宝 近持こづえ
織  浅井祥子


チーム10グループ展 Vol.2

2014年11月2日(日) ~ 11月8日(土) 12:00 ~ 19:00  会期中無休
11月6日(木) および 11月7日(金)は 12:00 ~ 20:00、最終日は 17:00 まで

チーム10は、京都造形芸術大学写真コース(通信教育部)で出会った社会人のグループです。
多彩なスタイルの写真をもつ作家が集まりました。どうぞお越し下さい!

お問い合わせ先
チーム10広報担当 西方忠男まで (e-mail:taotao0705@gmail.com)


内包+排除 Exinclusivity Taro Hattori

6月14日にオープニングパーティを致しました。
皆様、お忙しい中に多数お集り頂きましてありがとうございました。
服部太郎のビデオインスタレーションはアートギャラリー石での初めての試みで彼の作品の新旧を編集し直した物となりました。
開廊は水木金土の1時から4時。その他の時間は予約制です。

是非、この機会にアメリカ西海岸で制作活動を行っている服部太郎の作品に触れて頂ければ幸甚です。